2012年01月09日

ブラジルにミズノのスパイクが広まった経緯

199 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/08(日) 07:59:42.96 ID:VYHuvxsh0
>>171
あとマイコンとセザールの間は誰だ?


211 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/08(日) 08:02:50.85 ID:jsEkoM500
>>199
モッタだよ。


229 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:07:43.68 ID:VYHuvxsh0
>>211
この選手がモッタなんだ
知らんかった


234 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:09:38.17 ID:h52KoQ7E0
>>229
モッタの顔ってなんか印象に残らないよな
いつ見ても
知らない顔がいる→つまりこれがモッタだな
ってなるw


244 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:11:16.38 ID:+HUtCU+n0
>>234
スパイクがミズノって覚えればいいよw


270 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:18:09.88 ID:h52KoQ7E0
>>244
おーミズノなのかー
外国の選手はどんな経緯で日本のメーカーのスパイクにたどり着くんだろうな


275 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:20:38.58 ID:YZAZl2Xy0
>>270
ブラジル人だとセナが履いていたというのが大きいらしい


286 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:23:38.35 ID:h52KoQ7E0
>>275
おお
聞いたことがある
リバウドだかがミズノに足のサイズはかりに来ててでも全然やる気なかった所に
セナの足型を見つけて感動してそれでちゃんと対応するようになったって話だったかな・・・

セナはどこでミズノと繋がったんだろうw


292 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/08(日) 08:27:08.00 ID:kcMHrLc90
>>286
カール・ルイスがミズノの特注スパイクで世界新(当時、特注スパイクは珍しかった)

それを知ったセナから逆オファー


297 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:28:30.18 ID:h52KoQ7E0
>>292
カール・ルイスに繋がるのかー
何でそんなこと知ってんだよw


301 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:30:44.64 ID:fVqeD8Ej0
>>275
ミズノのサイトでスパイクを売り込むにあたって本場のブラジルから営業を始めたような
記述を読んだ覚えがある


369 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/08(日) 08:53:04.39 ID:fVqeD8Ej0
>>301
ミズノのスパイクをブラジルに広めたのはカレッカらしい

1983 ミズノがミズシマ・ムサシ(サンパウロFC)と協力しモレリアの開発を始める
   サンパウロFC内で広がる
1985 怪我で調子を落としていたカレカがミズノを気に入り切り替える
1996 カレカがミズノを履いてワールドカップで活躍
1987 カレカがナポリに移籍。ヨーロッパでもミズノが認知される
1990 ワールドカップでブラジル代表22名中15名がミズノのスパイクを使用
posted by peyoung at 16:21| 日記

2011年11月13日

紙飛行機で相手に思いを伝える「フライングレター」

914ed54d.pnghttp://www.claska.com/shop/index.php?page=shop.product_details&flypage=shop.claska_flypage&product_id=49&category_id=10&manufacturer_id=0&option=com_virtuemart&Itemid=26&vmcchk=1&Itemid=26
商品名: フライングレター
価格: ¥840 (税込)
紙飛行機の形をした封筒と便せん。手紙は120円切手で郵送することが可能。

ポストに投げ入れると、そのまま相手のポストに届くようなイメージ。
いいですねえ。
文章のコミュニケーションのほとんどがe-mailになってしまった今だからこそ
価値のあるコミュニケーションです。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
posted by peyoung at 02:34| 日記

2011年05月02日

インディカー第4戦サンパウロ

20110502takuma

http://f1-gate.com/indycar/indycar_11570.html

スカパー無料デーで、なんとなく見始めたGAORA「インディカー第4戦サンパウロ」。スタート前からかなりの雨で、路面もバンピー&ダスティー(雨でダスティーって滅多に無いことだ)で、まともにレースできるとはとても思えなかったんだけど、果たしてスタート直後の1コーナーでスピン/多重クラッシュ/エスケープゾーンに逃げようとした車が、そこに溜まった水でコントロールできずタイヤバリアに直行などが発生。その後に黄旗、そして赤旗中断。

結果は結局その日のレースは中断、翌日(日本時間の5/3未明)へ順延となったわけだけど、市街地コースで順延かですか。膨大な関係各所への了承が必要になりそうです。
佐藤琢磨は、上位が大雨でクラッシュするなか、堅実な走りと運の良さで4位にジャンプアップ。さらに中断した周回の関係だかなんだかで再レースは3位からスタートするとか。これはチャンスだ。



http://www.gaora.co.jp/motor/1377600
GAORA インディカー・シリーズ 2011 〜サンパウロ〜
解説:松浦孝亮、武藤英紀
実況:村田晴郎

てなわけで、どうなるのか分からないまま朝方まで雨のロードコース風景や水辺に佇む鷺を映し続けていたわけだが、それを救ったのは実況の村田さんと、解説の松浦/武藤のインディドライバー。
インディ時代の経験を生かして、ドライバーの交友関係とか趣味嗜好などもざっくばらんに話し続け、また急遽twitterからの質問を受け付けるなどして、朝まで飽きさせなかった。その中には電波に乗せていいのか分からないような話もあり「あのチームには[ピー]が多いという噂ですよね」「[ピー]の旦那が徐々に口を聞いてくれなくなっちゃって」「規定的には今の時間、マシンをいじっちゃ駄目なんですよね、でも[ピー]のチームのオンボードカメラを見ると、今なんか弄ってたようにも見えましたね」「昔[ピー]のドライバースクールで講師してたとき、凄い大雨が降って、でもコースに出てた一台が戻ってこなくて心配してたら、コースの立体交差で雨宿りしてた」「[ピー]さんは天然だと思いました」などなど。通常のレースよりも面白い放送が見れたような気もする。武藤さんもちょっと天然入ってるような気もするけど、トークのスキルはなかなかのものでした。


Black design
http://www.blackdesign.biz/
http://www.blackdesign.jp/blog_b/


posted by peyoung at 22:37| 日記

2010年07月11日

F1の名デザイナーによる超小型車『T.25』

20100630234_2

http://wiredvision.jp/news/201006/2010063023.html
http://www.cnn.co.jp/business/AIC201007110015.html
最高時速約390キロのスーパーカー、マクラーレンF1の設計者として知られるゴードン・マレー氏が、新たに都市走行向けの超小型車「T.25」を発表した。F1技術を駆使した構造に加え、小回りや燃費の良さが特徴とされる。
車体は全長2.4メートル、全幅1.3メートルと、独ダイムラーAGの超小型車「スマート・フォーツー」よりも小さい。重量を550キロに抑えることにより、1リットル当たり約31.5キロの燃費を達成したという。ガソリンモデルが9000ドル(約80万円)前後、電気モデルの「T.27」は1万8000ドル(約160万円)前後で販売されるという。
マクラーレンF1と同様、中央に置いた運転席と後部2座席の3人乗り。ただし、座席と荷台スペースは6通りのレイアウトに変えることができる。ドアミラーは車幅の中に納まり、左右両方の側面に燃料補給口がある。
幅は非常に小さく、ピックアップトラックに載せられるほどなので、一般道路のレーンで2台が並行して走ることも可能だ、とGordon Murray Designs社は述べている。
乗降は、キャノピー式のボディ前半部を上方に開いて行なう。この結果、狭い駐車スペースでもアクセスしやすいという[1台分の駐車スペースに3台が停められるとされている]。
安全性も高い。BrabhamとMcLarenでFiカーを設計してきたMurray氏は、セーフティセルを中心に据えてT.25の設計を行なった。

2895×1295×1650mm ダイハツ ミゼットII
2560×1515×1550mm スマート・フォーツー
2400×1300×1600mm T.25

日本の軽自動車って、どんなシーンでも対応できるように色々詰めこぎすぎて鈍重になってしまってるのが多いともいます。シティコミューターと割り切った場合、これくらい小型で軽量な車の方が使い勝手が良い場面は結構あるとおもいます。たとえば都市部での営業車とか、買い物と子どもの送迎だけに使うセカンドカーとか。
カーシェアリングもこれくらいの大きさの車で良いような。駐車スペース、走行スペースの節約になって渋滞も減らせるし。電気モデルで160万円というのもなかなか攻めた価格だ。カーシェアのステーションに充電設備も付ければ、燃料コストも大幅に減らせるし。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/



posted by peyoung at 17:52| 日記

2010年05月17日

2010F1モナコグランプリ

153809

終わってみればウエバーのポールトゥウイン!3度のセーフティーカー、その都度リードをはぎ取られる展開は、トップを走行してても気が休まる時間は存在しない。それでも無事に安全に、そして速く走り切った事を讃えたい。今年のレッドブルはベッテルがリーダーとして君臨するはずのチームだったと思ったけど、ポイントリーダーにもなって、本当にウエバーの遅咲きキャリアが花開き始めた。安定感もさることながら、ここ数レースでは速さでもベッテルを上回ってるし。
(モナコ終わってのポイントランキングは78ポイントの同点でウエバー/ベッテル。勝利数でウエバーがトップ)

クビサ、このチームで連続してこの結果。トップチームにいても全然おかしく無いドライバーなんだけど、既に体勢が決まっているとかの不運なんだよね。うーん。でもこのチームで結果を出して行く事は、クビサの評価はどんどん上げて行きますよね。こういう存在ってレースを引っ掻き回す存在だから見てても面白いし。

アロンソ、最下位から7番手だからまずまず。序盤の連続追い抜きは、ヌーベルシケインの席のお客さんは大喜びだったでしょう。

ミハエルの追い抜きに関するドメニカリとブラウンの見解
ドメニカリ「我々の理解によれば、ルールは非常にクリアだ。しかしスチュワードの判断を待たなければならない」
ロス・ブラウン「ステファノは、セーフティーカー先導のままレースが終わった場合のことを言っているのだと思う。しかし、セーフティーカーは戻っていたんだよ。FIAはセーフティーカーが戻ったと言っていたので、FIAの指示に従うとすればレースはセーフティーカー先導では終わっておらず、セーフティーカーラインとフィニッシュラインの間ではレースをしていいということになるのだ」

規定が変わってたことを知らなかったので、パレードラップで幕を閉じるモナコも良いものだなあ、とまったり見てたら右京さんの指摘が。最後にこんな展開が待っていたとは。。アロンソはハミを抜けると判断したようだが、ピットと相談して自重。その後ろが空気を読まないミハエルというのが面白すぎた。でもまあこれもラスカスだの因縁だの色々と思い出させてくれて、痛快この上ない。

とはいえアロンソはピットスタート/SCで即タイヤ交換義務果たす/序盤のオーバーテイクショーながら最後までタイヤを持たす。会心のレースだったと思います。画竜点睛を欠く、ですが。。



今回の地上波、全体的に凄く良かったな。右京さんとミハエルの久しぶりの再会の表情も良かったし(国際映像だけど)定置カメラでトップと最後尾までの位置関係を流すカットを入れてくれたり。SC三回のややこしい展開ながらも、飛ばされた感じもなくしっかりとレースを楽しめましたし。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by peyoung at 01:20| 日記

2010年03月18日

プロご用達の業務用カーケア・撥水シャンプー・研磨剤など

http://prousechemical.jp/
プロユースケミカルは、自社で開発したプロご用達の業務用カーケア・研磨剤等を、業務用ルートのみならず一般の方もご利用いただけるよう間口を広げ、特価にてお届けいたします。また衛生用品等のブランド品も取り扱っております。(ダイレクト直販)
◇ オリジナル商品をご検討のお客様必見!
当社処方・卸売価格にて小ロットでご提供いたします。

http://cart05.lolipop.jp/LA08821845/
プロフェッショナルの業界で培ったカーケア、化粧品、衛生用品のオンラインショップ
http://blog.prousechemical.jp/
業務用カーケア・研磨剤販売のプロユースケミカルの新商品情報や、海外情報を中心に綴るblogです。
posted by peyoung at 14:22| 日記

2010年03月15日

2010F1開幕戦バーレーン

148267



やや興味が薄れ、シーズンオフのF1ニュースをほとんど見てないと言う事もあるんだけれど、完全に浦島太郎状態。「F1のレースを何年間見てなかったんだっけ?」と思い返すが、年をまたいだだけで継続して見ている事に気づき唖然。
デラロサがいたりセナの甥がいたりで、いったい今はいつなんだと混乱したり。辞めたはずのミハエルが走ってて、すわパラレルワールドに迷い込んだかと思ったり。懐かしいカラーリングのロータスがF1を走ってたり。そもそもどこの骨ともわからぬチームがたくさん走ってて、初めて聞くドライバーの名前も多かったり。
しかし24台の走行ですか。これは壮観ですねえ。給油禁止でコース上のオーバーテイクが増えるという目論見らしいですが、トラブルがない限り速度差があると抜くのは困難になるのでは。もしくはレース全体のタイヤマネジメントでひっくり返すことは可能なのかも、次戦以降に期待。

アロンソがフェラーリで初勝利。「最高のチームだ!」という言葉には、ミハエルに対するやんごとなき感情があるのかもと勘ぐったり。マッサん無事復帰できて良かった。フェラーリの1-2だし最高の滑り出し。しかし今度はアロンソのセカンドに陥る予感が。。バリチェロ、まだ現役続行できてたんだね、よかった。いぶし銀の10位ポイントゲット。ヴェッテル、トラブルが無ければというレースでしたが、ゴールまでマシンを導いたことに評価すべきかも。
現時点での4強はフェラーリ、レッドブル、マクラーレン、メルセデスの順かな。年間予算を考えるとメルセデスの優勝は今年難しいかもしれないけど、戦闘力の劣るマシンながらも戦略で優勝を奪い取るミハエル/ブラウンの強さを、一戦くらいは見せて欲しいところ。


第1戦バーレーンGP決勝
順位 ドライバー コンストラクターズ
01. アロンソ(フェラーリ)
02. マッサ(フェラーリ)
03. ハミルトン(マクラーレン)
04. ヴェッテル(レッドブル)
05. ロズベルグ(メルセデスGP)
06. シューマッハ(メルセデスGP)
07. バトン(マクラーレン)
08. ウェバー(レッドブル)
09. リウッツィ(フォース・インディア)
10. バリチェロ(ウィリアムズ)
11. クビサ(ルノー)
12. スーティル(フォース・インディア)
13. アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)
14. ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)
15. コバライネン(ロータス)
16. ブエミ(トロ・ロッソ)
17. トゥルーリ(ロータス)


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by peyoung at 11:20| 日記

2009年08月14日

BMW、F1撤退

70a7409e.jpghttp://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51542459.html
BMWは、今シーズン末にF1から撤退することを発表し、モータースポーツ界とF1界に大きなショックを与えた。このニュースは、シーズン前半の成績不良を背景にしている。BMWザウバーF1チームは、ワールドチャンピオンシップ争いという目標に達することができなかった。このショッキングな発表はミュンヘンにあるBMWの本社で行われた。同社は数日以内に新コンコルド協定の一環として2012年までF1に参戦する予定だった。


チームとしてF1の最高位は2008カナダGPのクビサ優勝、ハイドフェルド2位の1-2。
ドイツのメルセデスが最大にして最高のライバルだが、その栄光と比べると霞む部分があるかもしれないが、本業のイメージそのままに堅実に進化してきたという印象でした。確かに今年はあまり映像にも映らず印象も残らずというシーズンではありましたが。大きな壁にぶつかったのかもしれないが、それほど大きな心配もしてなかったんですよね、そういう時期もあるさといった程度で。
こういう決定は、ただただ残念ではありますけど、やむを得ないという感じもします。現在のF1もどこに向かってるのかよく分からない状況ですし、本当にモータースポーツの最高峰たりうる存在なのかも分からなくなってきます。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by peyoung at 11:22| 日記

2009年08月07日

マクラーレン・メルセデスの、F1スタイルの三輪車

dd060f20.pnghttp://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51536439.html
F1チーム、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスは、レーシングカーのような子供向け三輪車を新発売した。



「ターボツイスト(Turbo Twist )」は6〜13歳向けで、英国のハルフォーズ社から独占的に販売される。価格は119.99ポンド(1万8,466円*)。
この三輪車は仰向けになって乗るようになっており、調節可能なバケットシート、ジョイスティック型ハンドル、Vブレーキつきの直接駆動マグネシウム製20インチ前輪、幅広の後輪、セイフティフラッグ、F1らしく見せるためにリアウィングと2本の排気管がついている。
マクラーレンは「これはボーダフォン・マクラーレン・メルセデスF1マシンのペダル駆動バージョンであり、若いファンはヒーローの真似をすることができる」としている。
ターボツイストは「スライド、蛇行、360度と180度のドリフトが可能」のようだ。ターボツイストの公式サイトでは実際に動いているところを見ることができる。

簡単にリアが流れて凄く面白そうですねえ。車高も視点も低いので、カート前のモータースポーツ教育に役立つかもしれません。
もうちょっと大きめの大人用モデルも作って欲しいなあ。




Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by peyoung at 22:28| 日記

2009年07月30日

シューマッハー復帰! マッサの代役としてバレンシアに出場決定

5b526358.jpghttp://www.as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=21376
29日、7度のF1ワールドチャンピオン、ミハエル・シューマッハーがF1ハンガリーGPで負傷したフェリペ・マッサの代役として、バレンシアでのヨーロッパGPに出場することが正式に発表された。
 2006年限りでF1を引退したシューマッハーは、フェラーリのアドバイザーとしてこれまでグランプリの現場に携わってきたが、マッサのアクシデントにより空いたフェラーリのシートに収まり、カーナンバー3のマシンを駆ることになる。フェラーリの発表によれば、シューマッハーはすでに、1レースを戦えるだけの体力を回復するためのトレーニングを積んでいるという。
「まず、最も大事なことは神に感謝することだ。フェリペに関するすべてのニュースがポジティブなもので、私は彼が再び全開することを願ってやまないんだ」とシューマッハー。
「今日の午後、ステファノ・ドメニカリとルカ・ディ・モンテゼモロとともにミーティングをして、フェリペの代役を務めるための準備を始めることにしたんだ。実際のところF1における私の“チャプター”は閉じているけれど、この不運な状況を見逃せないのも事実だ。自分の“コンペティター”の一面としては、この挑戦をすごく楽しみにしているよ」
 シューマッハーは今季のマシン、F60をドライブしたことはない上に、KERS搭載マシンのテストもしたことがない。また、シューマッハーが最後にF1をドライブしたのは2008年のテストにおいて、F2008をテストしたのが最後だ。シューマッハーはこの時、スリックタイヤ装着マシンをドライブしている。


顎空気嫁ktkr!!!!!
太っただの丸くなっただのストレス解消にバイクレースばっか出てるミハエルが現代F1に堂々と正当化された状態で復帰ですか!これは面白い。
状況的にはケガから復帰戦で、すべてのドライバーをフルボッコにして、選手権を闘うアーバイン(六本木)を勝たせたレースを思い出しますねえ。しかしKERSに中段を走るフェラーリ、それを駆ってどこまでいけますやら。こうなってくるとバレンシアではアロンソ欠場というのも残念ですねえ。

しかしこのような「ありえないラインナップ」というのは萌えますなあ、バレンシアに行きたくなっちゃったもん。売れ行き不振といわれてますけど、サーキットも逆の意味で一安心かも。


Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/
posted by peyoung at 05:46| 日記